らんちゅう・金魚の飼育方法、育て方と飼育用品・器具などの販売はこちら!

中国らんちゅうの特徴

中国らんちゅうの代表的なものは一般的に「ライオンヘッド」と呼ばれている蘭鋳(ランチュウ)になります。

 

国産のランチュウの代表的な種類は宗家の協会ランチュウですが、その国産物に比べると中国らんちゅうの特徴は、体型がまん丸で肉劉が大きくてデブな感じです。

 

肉りゅうがとっても発達して大きくなって、一見するとボコボコの頭になります。

 

肉劉が大きいので、江戸時代当時では多くの愛好家を驚かせ、海外製という意味で“オランダ獅子頭”という名称で呼ばれていました。

 

 

現在では日本製のらんちゅうにも肉瘤の部位にまで拘って改良された品種が誕生するようになり、オランダ獅子頭にこだわる愛好家もだんだんと少なくなっていますが、苦労をする事なく、大きな肉劉を生み出せるという観点から、現在でも中国らんちゅうは非常に高い人気を博してします。

 

ただ、日本製のらんちゅうのように誰でも気軽に飼育できるほど図太い性格をしている訳ではなく、慎重で臆病な性格で、エサを食べなくなって死んでしまうというデリケートな面を持っているようです。