らんちゅう・金魚の飼育方法、育て方と飼育用品・器具などの販売はこちら!

らんちゅうの水槽

らんちゅうの水槽は、飼育器具として必須の存在となります。

 

ですが、かと言って高額な水槽を購入する必要はなく、原則として家庭用の大きめな水槽があれば、とりあえずは、らんちゅうを飼育する事が可能です。

 

 

水槽 販売
ランチュウ・金魚などの観賞用・飼育用の水槽はこちら!

Yahoo Shopping

 

ただ、大きめの水槽の場合は、水替えが非常に手間となってきます。しかしながら、らんちゅうの水槽で最もベストな存在はプラ舟だと言われています。

 

プラ舟とはプラスチックの舟形水槽で、よく夜店の金魚すくいで陳列されている青いプラスチック容器の水槽のことです。

 

値段は決してそこまで高価な価格ではないのですが、非常にスペースを取ってしまうため、なかなか現実として厳しい部分もあります。

 

ただ、鑑賞だけではなく本格的に飼育を熱心に行おうとしている愛好家にとっては、最も飼育に優れているタタキ池の次にベストな存在となるのが、やはりプラ舟だと言えますね。

 

また、数匹を飼育するだけだという人にとって、最も現実的な水槽は、熱帯魚用の大きめの水槽になりますので、こちらを購入していくようにしましょう。

 

ただし、この場合には、本格的に飼育・繁殖をしていく場合において、らんちゅうにストレスを与えてしまうサイズとなってしまいますので、この場合はプラ舟以上の環境づくりをお勧めします。

らんちゅうをプラ舟で飼育

らんちゅうは、プラ舟で飼育していくのが、タタキ池で飼育する場合に次いで理想的な形と言えます。

 

プラ舟とは金魚すくい等で利用されている、青いプラスチック容器のことですね。

 

 

 

プラ舟 販売
あなたのランチュ・金魚の飼育に最適なサイズのプラ舟を探しましょう!

Yahoo Shopping

 

水替えが非常に楽で、水を入れながら古い水を抜いたり、温度調整のためにヒーターを当てる事も可能になっています。

 

さらに、らんちゅうにとっても最も重要である、泳ぐスペースという問題もそのサイズから既にクリアしており、伸び伸びと泳がせることが可能になっています。

 

らんちゅうの飼育には、タタキ池が最もベストな選択肢となるのですが、地面を掘り起こしてコンクリートで補強するというのは、文字で書くほど簡単な作業ではありません。

 

そのため、一般家庭で出来るギリギリのベストな選択が、プラ舟という選択肢になるのです。

 

サイズや持っている機能によってプラ舟の価格は変化してきますが、スペースさえ用意できるのであれば、そこまで大きな出費にはならないはずです。

 

本格的ならんちゅうの繁殖を検討している方は、是非プラ舟の購入を検討されてみてください。

らんちゅうの飼育とヒーター

らんちゅうの飼育には、ヒーターが必要不可欠な魚と言われています。

 

勿論、住んでいる地域によって必要性は変化してくるのですが、日本国内で極度な温度変化が存在している地域であれば必須となってきます。

 

金魚の飼育にヒーターを使う・・・という発想は、魚の飼育をしない普通の人にはなかなか備わっていませんが、らんちゅうブリーダーの間では常識となっています。

 

ペットショップ等でもヒーターは販売してあります。

 

 

 

ヒーター 販売
あなたの水槽に最適なヒーターをお探し下さい!

Yahoo Shopping

 

 

ペットショップにはらんちゅうや熱帯魚用の小型ヒーターが市販されていますので、らんちゅうの繁殖を検討している方は、必ずチェックしておくようにしましょう。

 

過度にヒーターを利用する事はお勧めできませんが、10度以上の寒暖差が生じる地域では、かえってらんちゅうの寿命を縮める環境となってしまいますので、この差を補填してあげる意味で有効活用してあげてください。

 

ちなみに最近ではプラ舟用のヒーターも販売されていますので、こちらも要チェックです。